ソーラーパネル専用特殊コーティング

世界唯一!日本開発13年

他社のガラス繊維に添加剤を混ぜた化合物としての定着タイプは紫外線の影響を受けソーラーパネルに塗布が不向きでした。
それに対しG-POWERは、完全無機質100%ガラスコートにつき紫外線に影響を受けにくい特徴をもちます。
成分そのものが空気中の水分と化学反応して被膜を形成し有機物を含まない完全なガラス(SiO2)コーティングを実現します。
G-POWERをベースにソーラーパネル専用にブレンドされた2種類のコーティング剤ラインナップがあります。

 

G-POWER-S (ソーラーパネル保護専用)

  1. 耐衝撃吸収型、弾力型のガラスコート剤であり、自然災害からの劣化を防ぎ保護に役立ちます。
    10年に1回の塗布でパネルの保護ができます。(別紙参照:デュポン式耐衝撃試験実証済)
  2. 親水性に優れ、汚れ・ホコリなどをセルフクリーニングにより綺麗に保ちます。
    また清掃が容易になります。清掃には専用溶剤があります。酸素の力により少量の水で洗い流し綺麗にしますので、パネルを傷つけることはありません。
  3. ソーラーパネルの表面のナノサイズの傷を防ぎ、乱反射で外に漏れる光を修正致します。

 

G-POWER-Z (発電量を上げる事を目標とします)

  1. 屈折角補正用のコート剤で、本来反射して取り込みができなかった光が約3%程度、反射せず取り込まれます。その取り込まれた光の分だけ発電量が増える仕組みです。

 

【沖縄県糸満市でのG-POWER-S+Z施工実験】

panel02

 

panel03

 

各号機の発電量を調べた結果 (日没後18:27測定数値)
施工7分後にはG-POWER-S+Zを施工した3号機のみに発電が見らました。